DOOM Eternal_20200519235353


2016年に発売したDOOMのリブート作として発売されたDOOMはストーリーよりもFPSにおける撃つ楽しさ、倒す楽しさに重点を置いた作品として高い評価を獲得しました。

今回レビューするDOOM eternalはその続編
本来去年発売する予定だったのがまさかの3月という大幅な延期をしてしまったものの、発売されたものは前作が好きなら納得出来うるモノでした
スピーディな戦闘に規制無しのゴア表現(無規制ありがとう)、鳴り響くデスメタルBGMとアドレナリン分泌を促進させる要素を全て兼ね備えたタイトルとなります。

 

良い点
闘争本能を掻き立てるDOOMイズム

基本的な要素はほとんど前作からそのまま引き継がれ、敵味方共にスピード感のある激しい戦闘は健在。もうダッシュなんて存在しませんもんね、だって通常の移動速度が他のFPSで言うところのダッシュだもん.....

当然前作の大きな目玉であった敵を仰け反らせると使用可能な一撃必殺の接近攻撃、グローリーキルもあります。
DOOM Eternal_20200519200121
DOOM Eternal_20200519200216
これは相変わらず気持いいですね、前作同様のもあれば新しいグローリーキルのムーブも多く追加されています。グローリーキルで倒せば体力も回復するので、見た目よし効果よし弾薬節約にもよしと良い事尽くめな訳

DOOM Eternal_20200519204408
↑頭ぶっ叩いてめり込ませるキル大好き

皆大好きチェーンソーだって当然ありますよ!
DOOM Eternal_20200519200426
これでデーモン倒すと弾薬をいっぱいドロップしてくれるから弾薬補充にも一役買ってる。本作ほぼ常に動き回りながら銃をぶっぱなすゲームなので油断してるとすぐ弾薬無くなっちゃうからね

DOOMってイメージ的にランボーみたいにヒャッハー言いながら目の前突進して銃乱射してれば敵殲滅出来るゲームって思われてそうな気がしてなりませんが、実際そうではありませんからね?
オロオロしてるとすぐにデーモンに囲まれてタコ殴りにされちゃうから、大きく動き回りながら戦うゲーム

デーモンも種類毎に弱点を狙えば速攻で倒せるのもいれば、部位を欠損させれば厄介な攻撃を停止させることもできるなど敵に合わせて効果的な武器や戦法を速い戦闘スピードの中で頭フル回転させながらプレイするゲームで案外頭もそこそこ使うのです

ただその為に本シリーズのプレイは滅茶苦茶疲れる.....
でもこの慌ただしさこそまさしくDOOMなんです!プレイ中断した時にどっと疲れが襲ってきますが、少なくともプレイ中はアドレナリンがドバドバ出るのである程度は夢中でプレイ出来ちゃう

デスメタルのBGMもゲームスタイルとの相性抜群



戦闘の新要素続々!

体力と弾薬についてはステージ内に配置されたものを拾う他に上記の様なグローリーキル、チェーンソーキルで補充を行えましたが、アーマー値の回復はあらかじめ配置されたもののみとなっていました。
 自動回復の無いFPSでアーマーと言うのは貴重な防衛システムだったりする為、戦闘そのものでドロップさせる方法が無いのは結構キツい場面もあったが、ついに登場した!
本作では火炎放射器を使って攻撃するとアーマー回復アイテムをドロップする作りになった
DOOM Eternal_20200519204354
まぁそうは言ってもアーマーも結構紙なんですけどね、だとしても無いよりはあった方が良いよね?


そしてブラッドパンチ
これは接近攻撃(グローリーキルではない)で発揮される力で、パンチの威力がバカでかくなる。雑魚程度なら文字通りワンパンで倒せるくらいにはね?
DOOM Eternal_20200411150207
もうパンチってよりビームだよこんなの....

これを以てしてもヘビー級のデーモンだと一発では倒せないものの、かなりのダメージを与える事ができグローリーキル以外じゃ貧弱な接近戦が選択肢に入ったのは大きい。
ただ威力がデカいので一回使うとクールダウンが必要になってくるので使いどころの見極め大事

前作にもあったグレネードは、肩に装着したメカから射出されるプレデターの様なスタイルになっており、中々ニクい描写だ
DOOM Eternal_20200411151555
↑左肩についたガジェットから射出する、ロマン

それと全武器一覧ですが今作ではピストルはリストラされました.....皆デカデカごっつい武器が好みだろうし何も問題はないよね?



あとルーンの取得仕様変更も嬉しい限り

ルーンはスレイヤーに様々な身体的能力を追加できるもので、前作にもこの要素こそありましたが入手するにはルーントライアルというチャレンジをクリアしないと入手できないという制限があり、面倒なチャレンジもいくつかあって少々面倒でした。
DOOM Eternal_20200519201523
DOOM Eternal_20200519201529
DOOM Eternal_20200519201535
今作では....道中フツーに手に入ります!
なんか肩透かし感もありますけど、常に死線くぐり抜けてるんだからチャレンジなんてクリアせずとも進行上パワーアップの恩恵くらい貰えたって良いじゃないですか....
下手くそプレイヤーにも優しいid softwareでした。

以上の様な変化が見られ前作ファンなら追加要素は素直に受け止められるハズ


見やすい、探索しやすいマップUI

マップ画面に移行した時の全体的な見やすさが向上し、高低差がより激しくなった本作では道迷いになる心配も無く安心した探索が可能になった。捗る捗る....
DOOM Eternal_20200406205702
前作のはごちゃごちゃして見づらく、使いづらいほか探索する気力が湧きませんでしたからね

無駄にダイナミックな移動方法

今作の移動パートでは大きくジャンプしたり、壁に張り付いて登ったりといった3Dのマリオを少し彷彿させるようなダイナミックな移動も今作から取り入れられた大きな変化でしょう。
DOOM Eternal_20200411145815
DOOM Eternal_20200411183216
ここは人によっては大きな不満点にもなり得る要素ですが、私は結構楽しめたので良い点として挙げようと思います。

戦闘については上で色々紹介した通りめちゃくちゃ楽しい!でもそれだけ熱中してると心身共に疲れてくるんですね。
移動パートの無駄に大げさな移動が最初こそDOOMにこんなチャチなもんいらねぇからその分戦闘にリソース割けや!と思ったものですが、次第にやっていくと戦闘後の箸休め的な意味でも楽しめこれもこれで有りなんじゃないかと考えを改める様になりました。

そもそも戦闘ばっかだとやっぱ精神もたないわ.....楽しいけど
見た目も地獄ver3Dマリオ味があって悪くないです。回る火の回転棒とか最早ギャグですよこれ
DOOM Eternal_20200412101233
DOOM Eternal_20200419222503
しかし、序盤プレイ時の私の様に純粋に戦闘のみを追い求める人にとってはただただ苦痛かも
私は指示された通りに平面の道をダラダラ歩かされるのに比べたら、幾分か楽しいと思います。


悪い点

剣のバッサリ感の無さ

これも本作から登場する新武器の一つでまぁ剣です。ソード!
DOOM Eternal_20200419002438
なんか振るのに魔力的な力が必要になるのか分かりませんが、銃のようにステージに配置された魔力を取得する事で振るう事が出来るという難儀な武器

代わりにひと振りでヘビー級のデーモンもスパッとバターの様に真っ二つにする威力を誇り、武器のランクとしてはチェーンソーよりも上のハズなんだが残念ながらイマイチ爽快感に欠けている....

チェーンソーがギギギギギギと骨を砕く音をたてながら両断するのに対し、ソードは切れ味良すぎてあっさりしてるんだよね....
DOOM Eternal_20200519201459
せっかくの強武器なら使っていて気持ちの良いものに仕上げて欲しかったですね。せめて振る時のSEを重厚にするとか。

出現するだけでテンポの悪くなる敵「マローダー」

中盤辺り(だったかな?)から登場するこのマローダーというデーモン
DOOM Eternal_20200412120545
こいつは中々厄介で攻撃してくる瞬間にしかスキを見せず、そのタイミングでしかダメージを与えられません。
それ以外では攻撃しても馬鹿でかい盾でガードされてしまう。それに加え斬撃を飛ばしてくる犬を召喚してこちらに猛突進を仕掛けてきたりと例え離れていても油断ならない上級デーモン
体力もそれなりにあります

1VS1なら問題ないのですが、マローダー以外にも様々な種類のデーモンが出てくるともう大変
こいつの動きに注意を払いつつ、何とかそれ以外のデーモンを殲滅させ最後にマローダーを倒すって戦法にならざる負えず、こちらの戦闘のテンポを出現の度に崩されイラつかせてくれました。

もう許さねぇぞ...

ただこれは私のプレイヤースキルの低さが問題でもあるので何とも言えないかも。


誰もが思う絶対要らない要素「バフトーテム」

これも今作からの要素の一つでステージ内にトーテムが現れ、これが配置されたステージ内で出現するデーモンの力が増強します。
いやいやいや...このゲーム普通に戦っても辛い場合もあるのに何してくれてんねん....と。

バフトーテムが設置されたエリアではバフトーテムがありますとの表示やデーモンも赤いオーラを纏っているのにすぐにトーテムを壊しに行く判断がつきやすいのは不幸中の幸いではあります。

トーテムがある限りデーモンは無限湧きなので、設置されてるならデーモンなんて無視してすぐに壊すのが最速の解決策
ただどこかにあるってだけで探すのがめんどくせぇんだよなぁ.....そんなに入り組んだ場所に設置されてる訳でもないにしてもめんどくせぇことに変わりは無い。

これについてはマジでゲームのテンポを崩すから要らない。次回作もあるなら絶対バフトーテムは出すな



まとめ

元祖FPSシリーズの底力溢れる続編

前作の良い部分はそのまま残っているものの、新要素は良いものと悪いものとでやや両極端な印象を受ける続編

しかし基本的な面白さはそのままで前作を楽しめたプレイヤーなら今作も楽しめる事は間違い無いでしょう。賛否こそありますが閉鎖的な空間を淡々と歩くだけの無難な移動パートからは脱却し、移動そのものの楽しさも提供しています。

前作と比べてどう?と聞かれると色々混みで全体的な面白さは割とどっこいどっこいな気がしますね。ただ難易度的には前作もノーマル(に相当する難易度)でプレイしましたが、Eternalの方が難しいかな?って感じですね

とりあえず前作は発売日スルーし1年過ぎた頃にセールで買ったらめちゃくちゃ面白くて、発売日に買わなかった事を激しく後悔したので今回はリアルタイムで遊べて良かった。