img1318_02
UBIの主力タイトルアサシンクリードの最新作アサシンクリードヴァルハラのその後に
発表された情報が色々あるのでまとめてみました。



・シーズンパスはベーオウルフ関連
doope!
Xbox Series X版「Assassin’s Creed Valhalla」は少なくとも30fps以上で動作、ベーオウルフテーマのストーリーDLCに関する話題も

ドイツのUbisoft公式ストアにシーズンパスの情報が掲載され、叙事詩“ベーオウルフ”をテーマにしたストーリーミッションの存在が浮上しています。
“ベーオウルフ”のコンテンツは、“Assassin’s Creed Valhalla”のシーズンパスに含まれるストーリーミッションで、伝説的な物語の背後にある残虐な真実が描かれるとのこと。

ベーオウルフとは?
北ドイツ(デンマーク)を舞台に描かれた物語で、主人公ベーオウルフが巨人やドラゴンと戦うといったお話(ざっくり)
 何となく日本だとベーオウルフよりベイオウルフって読み方のが馴染んでる気がする今日この頃。

西暦に入ってからの舞台でそんな突拍子もない生き物を取り扱うだろうか?
とシリーズ未プレイ者は思うかもしれないが、アサクリの便利なSF要素使えば余裕だと思うんだ....
 しかしオリジンズやオデッセイではそれぞれエジプト神話、ギリシャ神話が舞台のDLCでしたから、今回はてっきり北欧神話を取り扱ったDLCになるのでは無いかと予想していたので少々面食らいました
(ちなみに私はまだオデッセイのDLCはやってません、許して下さい)

ベーオウルフを執筆されたのが今回の時代と合致しており、その作品の背後にある残虐な真実が描かれるとのことです。

ヴァルハラの主人公エイヴォルをそのままモデルにした実話というノリでやってくれたりするんでしょうか?
何にせよアサクリで次はいよいよ西洋ファンタジーの顔とも言えるモンスターと戦う可能性も出てくるというのは面白い。オリジンズやオデッセイで散々好き放題やってるから最早説得力無いですが、一応歴史物ですから有り得ないんですけどね
SF要素は満載ですけども。


そして一つ気になるのはベーオウルフは巨人と戦う若い頃の話ドラゴンと戦う数年後の話があるので、そのどちらの分もDLC作るとしたらどの様な仕様になるのでしょう?
オデッセイではアトランティスの運命という一つの大きなDLCテーマの元、それぞれ探索マップを変えた3つのエピソードを定期的に配信するという膨大なボリュームだったようですが、今回もそんな感じでいくつかに分けて配信するのかもしれません




・拠点では釣りや店の発展などが行える、人との会話も。

今作は2で言うところのヴィラ3のホームステッド4のアジトの様にキチンとした定住地が存在する様です。RPG要素を取り入れたオリジンズ以降のアサクリでは初か?

戦士団を率いる主人公エイヴォルがイングランドに建設した定住地を写したもので、アナウンス時には兵舎や鍛冶屋、刺青屋と施設で定住地のアップグレードやカスタマイズを導入する旨が報じられていました。

なお、Ashraf Ismail氏は釣りでのんびり過ごす休日や軍師との相談、住人の様子を見て回るといった定住地向けの生活要素を紹介しており、我が家は心の拠り所だと伝えています。

どこのメーカーもゲーム内の要素に釣りを入れたがるのはなぜなのだろうか?

ゲームは異なりますがレッドデッドリデンプション2などでもアジト内の仲間との会話とかかなり凝っていて、ちょくちょく話しかけてた勢としてはあのくらい練りこまれたものを用意して欲しいなぁ

UBIのゲームはそのへんの描写が弱いからな....
ヴァイキングは集落ごと(あるいは部族ごと?)の結束とか強いイメージがありますから、それを感じさせるような濃いクエストがいっぱいあると良いんだが。

あと上記のスクショ、手前に猫がいますね...今作は猫撫でられるのかな?(=‘x‘=)



・マップサイズはオデッセイより大きい
doope!
「Assassin’s Creed Valhalla」の世界は“Odyssey”よりも大きい、プロデューサーJulien Laferrière氏が気になる発言

Valhallaのゲーム世界にはイングランド(ウェセックス等を含む七王国)だけでなく、ノルウェーの多くが含まれるほか、まだ明かせない秘密の世界が存在しており、この環境がゲームの大きさに貢献しているとのこと。

マップ自体はオデッセイより大きくなるとの発言
実際オデッセイは広かったが広いと言ってもオデッセイはマップの内、海が占める面積がそれなり大きかったですね。
ヴァルハラでは船自体がロングシップと何十人も乗れる様な船ではないし、風の力を利用したとしてもノルウェーやデンマークからイングランドへの航海はかなりの時間を要しそうです。

逆にノルウェーの大部分がマップに含まれるのであれば、ロングシップの細みとスピードを活かしてフィヨルドを運行したりなど本作だからこその船の運用方法に期待したいところ

秘密の世界というのはリンク先でも触れてるがやはりミッドガルド(ミズガルズとも言う)やアズガルド、ヨトゥンヘイム、ニヴルヘイムなどの北欧神話の九つの世界である可能性は低くはないでしょうね。わざわざ秘密の世界だなんて言い方をするんですし

2018年に発売されたゴッドオブウォーでもありましたね、九つの世界
God of War_20180505011424
映画マイティソーシリーズも北欧神話を基盤にした世界観なので、登場します
20

DLCに神話を持ってこなかった理由はもしかしてこれかな?
しかし9つも世界を用意するとはとても思えないが、9つの内いくつかを実装とかだよね?

またこの発言の数日前にヴァルハラはオデッセイほどの肥大化したボリュームにはならないと発言があり、マップは今回のが大きい事を考えると一見矛盾してる様ですが下手に水増しせずに一つ一つのクエストや移動の質を増やすという考え方なのかもしれません。
真偽のほどは分かりませんが....

AUTOMATON
『アサシン クリード ヴァルハラ』は、シリーズ最長の作品にも最大の作品にもならない。前作の批判を受けて

なおこの発言を行ったMalek Teffaha氏のツイートは現在削除されてる様な.....誤報だった可能性?
とりあえずはよぅ全体マップ公開してくれや...いやそれよりまずは発売日はよ決定して!




・一撃のアサシンブレードとソーシャルステルスの復活
これはUBIJAPANの広報担当、福井蘭子さんの翻訳引用RTにて

オリジンズ、オデッセイはどちらも優れたゲームですがやはりシリーズをやってきた人間としてはあの一撃必殺の爽快さを求めていたのでこれはマジで嬉しい

ソーシャルステルスは嬉しいと言ったら嬉しい?かもしれないけど、この時代にそこまで人口密度高い街とかあるのかな?
という感じですね

こちらのレベリングの障壁を超えるというのはそういう意味だったんでしょうかね
game*spark
『アサシン クリード ヴァルハラ』はレベリングが障壁とならないように―クリエイティブディレクターが語る

オリジンズやオデッセイではブレードの強化こそできれど、レベルが2~3高い敵に対してはエアアサシンなどを図っても一撃ではとても倒せませんでしたし...
そうなるとどうしてもレベリングしなくちゃいけませんから、そういった問題も今作は無いとすれば確かに一つ上のマップの大きさに対してプレイ時間はオデッセイより短くは可能かもしれませんね。

今作はせっかく一撃死させることが可能ならば、アサブレ関連のモーションはぜひぜひかっこいいものにして下さいよ!!!!
オリジンズのはちょっと硬ぇんだよ....オデッセイのはアサブレですらないからノーカン
(※正確にはオリジンズもヴァルハラもアサシンブレードでは無く、ヒドゥンブレード)


フードとマントの装着フードの取り外しも可なのは良いね
過去にフードを被ってないアサシンってローグのシェイくらいなんですよね(テンプル騎士に寝返ったアサシンなので、フードを被らないのは決別の意があってのことなのでしょう。)
 早くフード被ったエイヴォルさん見てみたいね、3のコナーみたいにガタイ良いから屈強な盗賊にしか見えなさそう



・作曲家&作詞家が決定
UBIBLOG
『アサシン クリード ヴァルハラ』の作曲家と作詞家を発表!
ex4engyxsaimp6h-1
作曲はエツィオサーガを支えたイェスパー・キッド(2やブラザーフッド担当)
ezio's familyはアサクリの代名詞とも言える象徴的な楽曲として知られていると思います。アサクリのメインタイトル画面で流れるタイトルとしても何度かアレンジされたりもしています

もうひとりがサラ・シャクナー(オリジンズで担当)
オリジンズの楽曲を担当しており古代エジプトの異国感とミステリアスさを融合させたBGMは人を惹きつけましたね。bayek of siwa辺りが代表かな?
関係無いけどbayek of siwa って完全ウィッチャー3のGeralt of Rivia意識(というかリスペクト?)してるよね。

最後に作詞としてアイナ―・セルヴィック
舞台ともなるノルウェー出身だけあり25年に渡って北欧音楽を作り上げ、自身も俳優として出演したドラマ「ヴァイキング ~海の覇者たち~」でサウンドトラックも担当していたとか。
あとヴァイキング題材のドラマ出演するだけあって見た目がもう既にヴァイキングっぽい
 多分作詞したものは作曲もやるんですよね?

過去に実績のある方々に加え、本場の北欧アーティストが担当するので安心感が半端無い
こりゃサントラ聞くのが楽しみじゃ.....



・ラップバトルについて
これも広報の福井蘭子さんの翻訳引用RTから。
ラップバトルは酒場の余興的なものとして実装するんですね。もしかしたら真剣なバトルの途中ラップバトルが始まる展開もありえるのかと思っていたので、少し安心しました....

最もよいレスポンスを選んでぶち負かせという事は、時間制限のある中で一番良い選択肢を選ぶ様な仕様だろうか?
 ただオリジナル版と国内版とでは言語が異なる為、しっかりオリジナルと同様の楽しみ方ができるのかが不安な所でもあります。流石にある程度配慮されたローカライズになるとは思うがどの程度なのか。
今UBIのローカライズ力が問われるッ!



・女ヴァイキングは存在した?
AUTOMATON
『アサシン クリード ヴァルハラ』では、女主人公も登場し男女ともに「正史」扱いに。ヴァイキングは必ずしも粗暴な男だけではない

これは先日のゲームプレイトレーラーが公開される前の記事なので、完全に見逃していただけなのですがここに書かれている事で興味深い箇所があり、

ヴァイキングといえば、略奪の限りを尽くす獰猛な大男といったイメージを持たれているが、プレイヤー選択次第では、ヴァイキングのリーダーであるエイヴォルが女性ともなる。一見、“ヴァイキング”のイメージと違うように感じる方もいるかもしれない。しかし女性のヴァイキングが登場することは、綿密に行われたリサーチの結果であったようだ。

とのことでてっきりポリコレで無理やり男女両方のヴァイキングを起用したと思っていた訳だが、リサーチの結果としては意外とそうでもないらしい。
既に固まったヴァイキングの固定概念がある為、受け入れられない部分もあるがそのようなものも柔軟に対応したのが今作なのであろう。

ただシリーズの設定上過去の人物の追体験なのに、男女どっちか主人公選べるのはおかしいだろうというのはまた別問題ですけどね!


それはそうと前作オデッセイでは男ならアレクシオス女ならカサンドラとなり当然外見も異なっていた。選んだ側が主人公となる性別の異なるもう片方は作中でストーリーに大きく関わるNPCとして登場していました。
Assassin's Creed® Odyssey_20181002213152
しかし今作では名前は男女どちらを選んでも名前はエイヴォルになるという

既に公開されたもので男は屈強そうな如何にもザ・ヴァイキングな人間
Assassins_Creed_Valhalla__image
女は私の見逃しがなければまだコレクターズエディションに付属するフィギュアの造形くらいで、トレーラーなどではまだ顔出しをしてない気がする
z_5eab8a8c42cbd
作中でエイヴォルという名前のキャラが二人いるワケでは無いらしく、しっかり理由もあるらしいが現状は明かせない様だ。

場合によってはオデッセイに続き再びアサクリ設定ガチ勢からの攻撃を受けかねないが、一体どのような理由を用意しているのか見ものですね。




・大きな情報はやはりUBISOFT FORWARDにてか!?
未だ残る疑問や本作の持つ魅力の公開は日本時間だと7/13の午前4時から行われるUBISOFT FORWARDにて一気に情報が開示されることでしょう。

って.....月曜日だし朝はえーじゃねーか!!!!!
勘弁してくれよ.....


去年はともかく今年はアサクリヴァルハラを始め、延期したウォッチドッグスレギオンゴッズ&モンスターズ、中々続報の来ないベヨンド グッド&イービル2スカル&ボーンズの情報にも期待したい所

あ、それとスプリンターセルの新作はいつ出ますか?
いやね、流石に私も次世代機であるPS5/XboxSXが目前に迫る今の今までPS4/Xbox Oneの今世代機で1本も出ないとは予想出来ませんでした。
最近大手のステルスゲーが無くて飢えてるんですよ.....サプライズ発表今年こそは待ってるゾ!!!


以上、気になったアサクリ情報でした。
今度も新たな情報が溜まったら今回みたいの書くかもしれんし書かないかもしれません。


最後にアサシンクリードヴァルハラの購入を考えてる方はこちらの記事がタメになると思うゾ
game*spark
『アサシン クリード ヴァルハラ』の為に振り返る「ヴァイキングの歴史」……“入り江の住人”とは何者か?
あとこれも。
UBI公式
『アサシン クリード ヴァルハラ』- ヴァイキング伝説に隠された歴史の真実

ゲーム自体は既にデバック段階にあるようですから、発売日こそ決まっていませんが予定通りホリデーシーズンに間に合わないという事は無いでしょう。

ない....よな?UBI?(ウォッチドッグスレギオンを片目に見ながら)