maxresdefault

7/10 Bloodstained:Curse of the Moon 2
2020-06-24_211254
IGAこと五十嵐孝司が手がけるBloodstained:Retual of the Night のスピンオフとして発売された8bit横スクロールアクション"Curse of the Moon"のまさかの続編です

前作は開発がインティクリエイツという事もあり購入しましたが、これが中々面白く6つあるマルチエンディングを全てやるくらいには面白かった。まぁ一周するのに1時間そこらしか時間掛からないんですけどね

今作は前作でも主人公を務めた斬月以外の3キャラが一新され、また新しいウェポンや性能によるステージ&ボス攻略が今から楽しみでならない。ただどうやら前作の3キャラも登場するらしく、新旧キャラの比較なども面白そうである

インティクリエイツらしい熱いストーリーやボスのド派手エフェクトなど、見た目こそ8bitだが当時の8bit機では出来ないであろう豪華な演出も楽しみ

また2Pプレイにも対応するのが決定しており、より簡単に攻略が進められるわいわいプレイが可能だとか。まぁ私は孤高のプレイヤーなので一人でプレイしますが?
泣いてないんだが?


ちなみに現在前作がPS4版がクーポン適用で半額!
つまりワンコインで購入出来ちゃうので気になってるなら是非購入してくれると、前作好きの私としても嬉しい

あとインティクリエイツ繋がりで"蒼き雷霆ガンヴォルトストライカーパック"及び"白き鋼鉄のX"もクーポン使用でそれぞれが25%OFFで購入出来ます。
そして重ね重ねになりますがswitchで配信し好評を博した"ブラスターマスターゼロ"とその続編"ブラスターマスターゼロ2"のPS4版がついに昨日PS4版が配信されました~
こちらも面白いので何かのついでにぜひぜひ~

はいッ!ダイマおしまい!





7/17 Ghost of Tsushima
20200515103936
スライクーパーやインファマスでお馴染みのサッカーパンチが手がける新規オープンワールドタイトル
舞台はまさかの日本、メジャーな戦国時代かと思いきや鎌倉時代の元寇襲来をテーマにするというのがセンスを感じますね。ましてや対馬なんて最前線です

侍のように正面立って戦うことも出来れば、ステルスで一人一人消していく事も出来る作りになっているらしく従来のアサクリを彷彿とさせるオープンワールドアクションですね。こっちは和風だけど

オープンワールドというジャンルにおいて和風なものってこれまでありませんでした(無いよな?)から、このタイトルが発表された時は大いに歓喜したのを覚えています。
また海外の日本描写でありがちな勘違いニッポン的描写もあまりないのも嬉しい

歴史警察などに言わせれば色々あるだろ!と思うのかもしれませんが、私から見れば微々たるもの
それもあって普段和風のゲームにあまり惹かれない(無双、仁王、討鬼伝など)私でもこれはかなり楽しみにしています。

PS4最後の大作ソニーファーストタイトルの力見せてもらいましょうか。





まとめ
今月はこの2本のみ。ゲームの規模こそ異なりますがどちらも非常に楽しみにしているタイトルです